予防接種を受ける前に知っておきたいこと

渋谷で予防接種を受けるなら接種するワクチンとは何か、どのような種類があるか把握するのが賢明です。 定期接種と任意接種、副反応や接種間隔など、要点を押さえて覚える意味は大きいでしょう。

渋谷で予防接種を検討している場合は、予防接種とは何か、どのように受けるのかを知っておきたいものです。 しっかりと理解できていれば、予防接種の必要性についても分かりますし、自信を持って受けられるはずです。 当然ながら副反応のようなリスクもあるので、それについても一通り理解するのが望ましいです。 何となく曖昧に理解しがちな予防接種をしっかり理解することができれば、自分の健康を守る為に活かすことができるでしょう。

予防接種について

渋谷 予防接種

渋谷でも受けられる予防接種とは、端的にいえば特定の感染症に対する備えで、毒性を弱めた病原体あるいは毒素を投与するのが特徴です。 病原体にあたるのはウイルスや細菌ですが、毒性が弱められているので、普通に罹った場合に比べるとリスクは小さく安全だといえます。 この毒性が弱められているウイルス、細菌のことをワクチンといい、いくつかの種類に分けることができます。 生ワクチンは文字通り、生きている状態の細菌やウイルスからなるもので、繰り返し培養して作られます。 繰り返し培養するのは病原性を弱めるのが目的ですから、生ワクチンは病原性が弱いもので構成されています。 不活化ワクチンは、ウイルスや細菌を不活性化したもので、ホルマリン処理などで毒性が取り除かれたものです。 トキソイドも不活性ワクチンに似ていますが、ウイルスや細菌そのものではなく、細菌が作る毒素をホルマリン処理などで無毒性かしてある点が異なります。 ワクチンの種類はこのように大きく3つに分けられますが、生ワクチンは麻疹や風疹、不活化ワクチンはインフルエンザ、トキソイドは破傷風の予防に用いられることが多いです。 ワクチンにはもう1つ、複数のワクチンを混合 して作られるものがあります。 混合ワクチンは2種類以上を組み合わせたもので、相乗的な効果に期待することができます。 日本だとワクチンは注射のイメージが強いですが、経口接種やBCGのように皮膚にスタンプするタイプの投与方法もあります。 中には筋肉注射が行われるケースもあるので、予防接種イコール皮下注射と考えるのは間違いです。 しかし、実際のところは皮下注射が多いですから、日本国内に限れば断りがない限り皮下注射と認識しても仕方がないでしょう。

定期接種と任意接種の違いについて

渋谷 予防接種

定期接種と任意接種は、法律で定められているものとそうでないものに分けられます。 予防接種法では特定のワクチンの接種が勧められており、それに該当するのが定期接種です。 定期接種のワクチンはA類疾病とB類疾病が対象で、前者には結核やジフテリア、破傷風に百日咳、ポリオや麻疹と風疹などがあります。 日本脳炎やインフルエンザ菌b型のヒブ感染症、小児の肺炎球菌感染症や水痘、ヒトパピローマウイルス感染症とB型肝炎も定期接種のA類疾病の分類です。 一方で後者のB類疾病には、季節性インフルエンザや高齢者の肺炎球菌感染症があてはまります。 A類疾病の定期接種は集団予防に重きが置かれ国の積極的な勧奨と、本人や保護者に努力義務が生じます。 感染によって重篤化しやすい感染症の拡大を予防するものですから、当然といえば当然でしょう。 B類疾病は、集団予防よりも個人の予防に比重が置かれており、本人とその保護者には努力義務がないです。 国も積極的に勧奨したりしないので、接種を受けるかどうかは個人の判断に任せられます。 法定接種は国が勧奨したり努力義務が生じることが多いので、無料で接種できるケースが珍しくないです。 その代わり、回数や間隔 、年齢や接種場所などの指定があります。 任意接種は定期接種に該当しない予防接種のことで、必要に応じて自分で決めて接種する予防接種です。 とはいえ、むやみに接種しても期待する予防効果は得られませんから、接種可能な年齢や回数、ワクチンの摂取量などの指定はあります。 自分で接種を決めるものなので、任意接種は費用が掛かりますが、具体的な料金は渋谷に限定されず医療機関によって異なります。

予防接種による副反応について

渋谷 予防接種

薬にはいわゆる副作用というものがありますが、渋谷で接種するワクチンにも副反応があります。 予防接種は予防効果に期待して行うものなので、期待とは異なる反応が発生することがあるわけです。 接種によって現れるものには、生ワクチンの感染型とすべてのワクチンにあてはまる免疫アレルギー型があります。 生ワクチンの副反応の感染型は、病原性が弱められているとはいえ、病原体を投与することによって生じるものです。 つまり普通に感染した場合と同じく、潜伏期間を経て症状が現れます。 代表的な副反応には、BCGの腋下リンパ節腫脹やロタウイルスワクチンの腸重積症、風疹ワクチンの血小板減少性紫斑病が挙げられます。 おたふくかぜワクチンによるウイルス性髄膜炎も、生ワクチンに見られる反応の1つです。 ただし、病気に罹って症状が現れるケースの方が多く、一般的にはワクチンの副反応の方が頻度は少ない傾向です。 免疫アレルギー型は、生ワクチンを含む全てのワクチンを接種した場合に起こり得る反応です。 副反応は予防接種をするかしないかの判断基準になりますが、普通に感染した場合に比べて症状が軽く、周りの人にうつす心配がないことから、多くの場合は接 種の判断が行われます。 予防接種は、意図的に弱めた病原体をあえて体に取り入れるものですから、少なからず副反応が発生するのが普通です。 副反応を全くなくすことは不可能なので、この点を理解して受け入れられるかどうかが、予防接種の判断のポイントになるでしょう。 ワクチンの接種による副反応は、厚生労働省に報告されることになっているので、重大な副反応が報告されればすぐに分かります。 定期接種には健康被害救済制度、任意にも医薬品副作用被害救済制度があるので、万が一の健康被害の備えがあるので安心です。

予防接種の接種間隔について

渋谷 予防接種

渋谷だけでなく予防接種は1回で終わるとは限らず、繰り返し接種することが少なくないです。 その為、複数回必要なワクチンについては、接種間隔が設けられることが基本となります。 一度に複数回分を打ったり、短期間に何度もワクチンを体に入れても意味はないので、間隔を守ることが予防効果を得る為に重要です。 異なる種類を打つ場合も、やはり間隔をあけることになっています。 生ワクチンは1回目から27日以上、不活性ワクチンやトキソイドは6日以上あけてから次の種類を接種するのが普通です。 異なる種類の接種に間隔が設けられる理由は、発熱を始めとした副反応のリスクを減らすことにあります。 それともう1つ、抗体産生の低下を防ぐのも目的で、ワクチン同士の干渉作用のある期間を避けつつ、十分に抵抗力を高めるのが狙いです。 混合されていないワクチンを1回の受診で済ませることを、同時接種といいます。 これまでは渡航などで間隔があけられないなど、特別な事情とそれを医師が認めた場合にのみ行われてきました。 近年は、乳児期前半に接種するワクチンが増えた事情もあり、同時接種が行われるケースが増えています。 同時接種には健康被害のリスクがあるとの意 見も存在しますが、少なくとも海外だと一般的な方法なのは確かです。 このように、ワクチンには使用する間隔というものがあり、同種を複数回使用する場合と、異なる種類のケースで違ってきます。 混合ワクチンと同時接種という方法も存在するので、これらの違いを理解することが大切です。 予防接種は正しく行ってこそ意味がありますから、しっかりと守りたいものです。

予防接種は毒性を弱めた病原体のワクチンを接種することで、病気の発症リスクを抑えることを目的とします。 国が集団感染や個人感染の予防を目的とする定期接種、自分で医療機関を受診して接種する任意接種に分けられます。 副反応のリスクはあるものの普通に感染するより症状は軽く、また頻度は少ないです。 厚生労働省が報告を受けて把握を行っていたり、救済制度が設けられているので、安心できることが分かります。